枝雀の「あくびの稽古」

うちの弟子たちもお稽古が好きでして、各人が太鼓、笛、鼓、長唄、義太夫、踊りと習うてまして、一門で地方まわりの一座ができるほどでございます。
肝腎の落語のお稽古のほうなのですが、おかげさまで何じゃかんじゃと割合に忙しい毎日を送らせてまらっておりますので、こちらから師匠方に教えていただきにうかがうのも、後輩の連中にお稽古をつけるのも前ほどは多くはなくなりました。「これではいかんな」と対策に小さな胸を痛めているのでございます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>