景品は、嬉しい選べるカタログギフト

夫の会社は職場で仕事仲間と交流するために
職場レクのようなことをしています。

秋になるとスポーツの秋ということだからなのか、
スマートフォンに入っている歩数計を利用して
万歩数をグループで競い合います。

グループ戦なので普段あまり歩かない人も、
エスカレーターやエレベーターを使わずに
階段を使って工夫したりしているみたいです。

毎日、会社を退社する時にドアの横にある紙に、
今日の万歩数を記録するそうです。

夫は体を動かすのが苦ではなく
休みの日は近くの公園でジョギングをしています。

走ることを習慣にしていると、
どのくらいのペースで走れば
どのくらいの時間走れるということがわかるのが楽しいと言っていました。

通勤も自転車でしているので、
十分な万歩数を記録しグループの中で貢献を果たしたようでした。

ある日、景品をもらったと嬉しそうに帰ってきました。

景品はカタログギフトでした。

私は体を動かすのが嫌いで
どちらかというと家でゴロゴロしていたいタイプです。

しかし夫は何もしていない私に
カタログギフトの中から好きな物を選ばせてくれました。

夫の好みも考慮に入れつつ、
栄養たっぷりのすき焼き用の牛肉を選びました。

寒い冬でも健康のためにジョギングできますように
楽しくて美味しい夕食にするつもりです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

枝雀の「あくびの稽古」

うちの弟子たちもお稽古が好きでして、各人が太鼓、笛、鼓、長唄、義太夫、踊りと習うてまして、一門で地方まわりの一座ができるほどでございます。
肝腎の落語のお稽古のほうなのですが、おかげさまで何じゃかんじゃと割合に忙しい毎日を送らせてまらっておりますので、こちらから師匠方に教えていただきにうかがうのも、後輩の連中にお稽古をつけるのも前ほどは多くはなくなりました。「これではいかんな」と対策に小さな胸を痛めているのでございます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ハーモニックのカタログギフト

今日は、ハーモニックのカタログギフ ト を紹介します。
3人のマイスターから学ぷ

新しいことにチャレンジしてみたいけど何をすればいいか分からない…..。そんな方にマイスターからのご提案。
それぞれの分野で活躍するマイスター(名人)が役立つ知識や楽しみ方、とっておきのレシピなどを紹介してくれます。
活躍しているマイスターたちのエピソードはきっとあなたの興味を刺激することでしょう。
青い啌、輝く緑。みんなで大自然と戯れる。
野口健
プロフィール
アルピニスト。1973年8月21日生まれ。
高校時代に偶然読んだ植村直己の著書「青春を山に賭けて」
に感銘を受け、登山を始める。1999年には25歳で世界最高峰工
ベレストの登頂に成功し、当時の七大陸最高峰の世界最年少
登頂記録を樹立。その後工べレストや富士山のゴミ問題に心
を痛め、清掃登山を開始。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトの御中元「食道園」

「カタログギフト・ 楽天ショップ」のリンベル・カタログギフトです。

 

・コトギフトには「食道園」グルメディナーペア ご招待カードもあります。

煙の出ない「無塩ロースター」を初めて導入した「食道園」は、食べ方にもこだわりがあり、食べ頃の食材をできたてで頂くということ。特に焼き肉は、新鮮なお肉を素早く味付けし、焼きながら食べるやり方は、創業以来変わらず、お客様からのオーダー後に味付けしています。定番の前菜四種から始まり、黒毛和牛の骨付きジャンボ”華網カルビ”まで、焼き肉フルコースをご堪能下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

歯のお手入れ

以前電動爪磨きが欲しいという思いを綴りましたが、
今回は「電動歯ブラシ」が欲しいという思いを綴ろうと思います。

実は私今、歯医者に通院中なんですよ。

元々は親知らずをどうにかして貰おうと行ったのですが、
そこで歯の状態が良くないという通告を受けたのです。

実際問題昔から歯磨きは適当で、
以前通っていた歯医者でも歯ブラシ指導などをされておりました…。

それでも放置していた私についに天罰が下ってしまった訳です。
このままでは本当にまずそうな雰囲気だったので渋々歯医者通いしております。

そして家での歯磨きも今まででは信じられないほど時間を掛けてやってます。
でもぶっちゃけ面倒です…。
その内慣れてくるのかもしれないけどやっぱり面倒です…。

これはもう電動歯ブラシを買った方が良いのではないか!?という感情が、
自分の心の中に芽生えています。
絶対その方がしっかり磨ける気がする。

カタログギフトに電動歯ブラシが掲載されている事もありますよね。
うーむ。欲しいなあ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

年賀状で知る祝い事

年賀状、たくさん届きましたか?

うちにも、たくさん届きました。
懐かしい人からの、写真付きの年賀状は嬉しいものです。
会えなくても、その人の今の姿、様子が分かるから。

久しく会っていない人からそのような年賀状をもらうと、
その人に会いたくなりますよね。

今年こそは、この人に会いに行こう!!って思うものです。

去年、結婚式に出席した友達からは、
結婚式のときの写真付きハガキが届きました。

ずっと連絡を取っていない友達が、
家を新しく購入したと言う情報も知ることができた友達もいました。

去年子供を出産したことを今年の年賀ハガキで初めて知ったと言う子もいました。

年賀はがきは、そんな1年に1度の報告、連絡にも使えますね。

新築祝い、出産祝いを出さなければ、
と年賀状を見て思いました。
送料もかからず、選ぶ手間も省けるカタログギフトでいいのかなぁ、
とも思います。
もちろん、手紙は添えておきたいと思いますが。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

満中陰志挨拶状などで、注意しておきたいこと

私の世代には、まだまだ縁遠いことなのですが、
ご香典返しがたびたび必要になる年齢にどんどん近づいてきたこともあり、
ちょっと調べておかなければと書いてみました。

ご香典返しの「のし紙」には、水切りの上に書く文字が
関東と関西で違いがあるのだそうです。
ご香典返しをいただいたことはあるのですが、
そののし紙の違いにいまだに気づかなかったのですから、
いかに日々のんびりマイペースに暮らしていたか・・・
知ってはっとすることが多いですね(^^ゞ

ご香典返しののし紙には、関東の場合は上に「志」と書き、
関西の場合には「満中陰志」と書くのが一般的のようです。
どちらの地方でもご香典返しをいただいたことがあるのですが、
その違いに全く気付かず、疑問を持ったことがなかったことに
自分ながらちょっとびっくりです。挨拶状は満中陰志挨拶状となります。

ちなみにのし紙もあまり使わないそうで、掛け紙と言うのだそうです。

そしてなんといっても覚えておかなければ!と思わされたのが
水引の色の違いです。
関東の場合は水引が黒と白の5本結びきりですが、
関西の場合は水引が黄と白の5本結びきりなのです。

これは香典返しの時の違いなので、実際に香典を渡すときには
またいろいろと地方ならではのルールがあるそうですので、
ご注意を・・・(^^ゞ

地方によっていろいろ違いがあると、
あちこち地方をうろうろしてきた私にとっては
香典返しは、かなりプレッシャーの重いお仕事になりそうです。
ちなみに最近では香典返しにカタログギフトを贈ることもあるそうです。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

カタログギフトを譲る場合

カタログギフトを贈られたは良いものの、そこから商品を選ぶのに欲しいものが見当たらず、結果的に言えばそれらを知人などに譲ろうと思う人も少なくないはずです。

ですがそうやって譲ったりする事には何かしらの問題があったりはしないのでしょうか?

そういう不安がある人などには、まずはそのカタログを注文する葉書をチェックしましょう。

その葉書に譲渡する場合は、などと説明が気がある場合もあります。

それらの説明が気を元に、もしもカタログギフトを譲りたいという場合はその手順にしたがって譲っていくことをお勧めします。

せっかく贈り物を頂いたのですから、注文したいものがある人へと譲るほうが無駄にはならないはずです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

贈り物に込める気持ち

やはり贈り物となればどうせなら相手に喜んでもらえるようなものがあると良いですよね。

贈る側にとっても、そうやって贈り物を出来るというのが何より大事なことだと思います。

贈り物をするのであれば相手に喜んで欲しいので相手に贈るものには気を遣う、そう考える人にとってはカタログギフトなどはあまり利用はしたく無いと思う人も入ることでしょう。

ですが何事も選択次第であり、カタログをどう選ぶのかにもよると思います。

なのでまずは贈り物に込める気持ちを考え、その上でどういったものを選べば良いのか、それをゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

桂さんの「六十一人目」

桂さんの「六十一人目」
今までは「宿屋仇」とか「瘤弁慶」てな長い噺をやる前にあった「しんどいやろなア」という
不安感がなくなりました。なんせ長編ですから、どこでも演るというわけに
いきませんが、せいぜい高座にかけさせてもらって、行く行くは自分のものにしたいと思
っています。
「替り目」に最近こっています。これは、今までの六十のひき出しでできるネタです。酔
態とノロケの噺です。導入部を少しかえたのと、サゲ前のウドン屋との会話をほとんどウ
ドン屋にセリフを言わせないようにしたのが工夫と言えば工夫です。
以前はよく演っていて、最近はごぶさたしているネタちいくつかあります。「始末の極
意」「持惨金」、「兵庫舟」。これらのネタは最近でもときたま演らせてもらうことがあり
ます。「牛ほめ」、「不精の代参」となりますと、ほんまにごぶさたです。演って演れない
こともないのですが、ただネタをなぞるだけでは申しわけないので、「さすが枝雀だけあ
ってちょっとちがうネ」なんて言うていただける工夫がつきましたら、また演らせてもら
おと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ